2016年の振り返りと2017年(これから)のこと

2016年の振り返りと2017年(これから)のこと

こんにちは! Mignon Style です。
年末に「2016年の振り返り」や元旦に「今年の目標」といったブログを書かれている方が何人もいらして、いいなーと思ったので、遅くなりましたが私も2016年の振り返りと2017年(これから)のことを書いてみることにしました。

2016年の振り返り

書籍執筆

効果的なアプリ/Web開発のための コラボレーションツール活用入門

共著「効果的なアプリ/Web開発のための コラボレーションツール活用入門」に参加させて頂きました。

book-collabolation-tool

この本はチームでプロジェクトを進める際に使用される、Slack やチャットワーク、Git 、Backlog 、Trello といったコミュニケーションツール、コラボレーションツールの使い方について書かれた本で、私は「プルリクエストを使用した GitHub Flow 」について書かせていただきました。

内容としては、普段チームで作業することがあまりなく、こういったコラボレーションツールを使ったことがない方や、ツールの種類がたくさんあってどれを使えばいいかわからないといった方向けの内容になっています。
ですので、すでにプロジェクトなどでツールを使用されている方には易しすぎるかと思いますが、体系的に知りたい場合に気になったところをパラパラ見る、といった使い方をするとよいのかなーと思います。

書籍の執筆は初めてでしたが、共著ということもあって、執筆作業の進め方や執筆の際の注意点などをあらかじめ教えていただけて大変勉強になりました。ありがとうございました。

登壇・イベント運営など

WordBash Kyoto

2016年1月23日に京都で開催された WordBash Kyoto でイベントページのデザインとセッション「更新作業で消耗しない! Web 製作者のための WordPress 公式ディレクトリ活用術」をさせて頂きました。

WordBash Kyoto では運営にも参加させて頂いていて、もともと WordBench 京都の勉強会として開催される予定でしたが、どんな内容にするか?といった準備段階の話し合いの中で、「せっかくだから福井のカニ( WordCrab Fukui )のようにイベント名つけたい。」「せっかくだからイベントページのサイト作りたい。」とわがままを言わせてもらって「 WordBash Kyoto 」という独立したイベントに発展しました。

wordbash-kyoto

イベントページは GitHub Pages で公開されていて、サイト制作も GitHub で行われたのですが、

  • ・ サイト制作には Gulp を使用(キタジマさん
  • ・ Travis CI で自動ビルド(とろうにさん
  • ・ 修正などは issue をたててプルリクを送る

といった開発手法で、今では一般的な方法かもしれませんが、Git を使用して遠方の人とチームで制作する経験がなかなかなかったので、とても楽しく、いろいろ勉強になりました。

当時私は Gulp を使用したことがなかったので、Gulp を使わないと修正のプレビューも確認できない仕様に「ぐぬぬ」となって GulpGulp 言ってましたが、使ってみたら本当に簡単に環境ができて Gulp を使い始めるいいきっかけになりました。

イベント後も WordBash Kyoto のメンバーとオンラインの動画配信をしたりして、とても楽しかったです。またやれるといいな。

WordBench 東京 2月勉強会

2016年2月21日に開催された WordBench 東京 2月勉強会「みんなのテーマ開発」〜自分の好きな作り方を話そう〜 でセッション「ノンプログラマーのためのカンタン WordPress テーマ作成入門 〜 子テーマで WordPress のテーマをつくろう 〜」をさせて頂きました。

子テーマでの制作は親テーマに依存するところが大きいので、親テーマに構造的なバージョンアップがあると子テーマに影響がある場合があります。
また、クライアントワークではそもそも要件にぴったりあう親テーマがない場合もあるので、すべてにおいて子テーマが使えるというわけではありませんが、子テーマのメリット・デメリットを理解したうえで上手に使っていくのがよいかなーと思います。

テーマの作り方はスターターテーマや子テーマを使用する、フルスクラッチで作成する、HTML+CSS でベースコーディングをしてから WordPress 組み込みなどいろいろありますが、どれが一番良いということではなく、そのときどきによってベストな方法で作成していけるようになるといいですね。

_s や REST API など、テーマ開発に関するさまざまなお話が聞けたので、私も参加していて楽しかったです。

FRONTEND CONFERENCE 2016

2016年3月5日に大阪で開催された FRONTEND CONFERENCE 2016 の本編LTで「〜 デザイン脳×プログラミング脳 〜 デザイナーとプログラマーの72時間戦争」というお話をさせて頂きました。

このお話は WordBash Kyoto でのキタジマさんとの出来事が元ネタ(スライドでは多少デフォルメしてます)になっているので、WordBash Kyoto の GitHub の issue21 もあわせてご覧いただくと、よりいっそう楽しんでいただけるかと思います。

私にとっては初めての LT で、5分の LT なのにスライドが88枚もあって、時間内では全然終わらなかったのですが、懇親会でリベンジさせて頂いたり、その後も WordBench 東京や WordPress もくもく勉強会 at コエドで飛び入りで発表させて頂いたりと、とてもいい経験ができました。

ちなみに懇親会でキタジマさんがされた対抗 LT のスライドもスライドシェアに UP してますので、よろしかったらご覧ください :)

WP-D Week

2016年4月11日〜16日に開催された WP-D Week( WP-D Fes #04)の土曜日の懇親会 LT 大会で「ズルい LT 〜はじめてのライトニングトーク〜」というお話をさせて頂きました。

WP-D Week はその名のとおり1週間を通して「 LevelUp!! 」をテーマに Git やデザイン、アクセシビリティーのことなど様々なセッションがあり、私は本編のセッションと懇親会に毎日参加していました。

勉強会やイベントで懇親会に参加されない方もいらっしゃいますが、こういったセッション型のイベントの場合は、懇親会で直接登壇者の方からお話をお伺いできたり、セッションで疑問に思ったことを質問できたりする貴重な機会なので、私は出来る限り積極的に参加するようにしています。

WP-D Week では登壇者の方以外にも大勢の方とお話できて、いろいろアドバイスをいただいたりととても楽しかったです。

LT では、主催者が LT 芸人として有名なメガネさんということもあり、「デザイナーとプログラマーの72時間戦争」のスライドを作成する際に調べた LT スライド作成のポイントなどを元に「ウケなくても全然大丈夫だよー」「失敗しても次頑張ればいいからやってみようよー」といったことをお話させて頂きました。

スライド中に「 LT 芸人の mgn さん(仮名)」が登場して、最初はいつも描いてるちびキャラの男の子だったのですが、当日の朝になって「やっぱりここはご本人にするべき」と思いついて、当日はセッションを聞きながら後ろのテーブル席でイラストを描いてスライドを修正していました。

メガネのフレームの形が難しくて、メガネさんの画像を検索してフレームをトレースしたりしたのですが、それを見てたとろうにさんに「たかが LT なのにこの人ガチで何やってんの。こんなガチでやるなら俺も LT 出ればよかった。」と後から言われたのが印象的でしたw
イラスト描くならこれくらい全然ガチでやりますよー。

WordCamp Kansai 2016

2016年7月9日、10日に開催された WordCamp Kansai 2016では、実行委員(セッション班)とテーマ制作のハンズオンの世話役を、LT 大会では「ノンプログラミング Web デザイナーが WordPress をおぼえるためにやったこと 〜 巨人の肩にのってみた! 〜」というお話をさせて頂きました。

WordCamp Kansai の実行委員は2015年に引き続き二度目の参加で、私は遠方のためリモートでの参加でしたが、ミーティングは Slack や Google ハングアウト、タスク管理は Backlog といったツールを使用していたので、いろいろ大変でしたが遠方でも参加しやすかったです。

当日はフリーな時間が多かったので、忙しそうなところをお手伝いしたり、空いてる時間にセッションを聞きにいったり、川井さんにデザインワークショップの世話役を突然お願いしたりしました。す、すみません…。

LT では笑ってほしいところで誰もクスリともしなくてとても残念だったのですが、二次会で同じテーブルになったメガネさんから「最初から最後まで一生懸命しゃべりすぎや」「もっと間をもたせなあかんで」といったありがたいアドバイスを頂いたので、今後に生かせていけたらと思います。

WordCamp Tokyo 2016

2016年9月17日、18日に開催された WordCamp Tokyo 2016では、実行委員(コントリビューターデイ班 班長)とセッション「ノンプログラマーのための WordPress テーマ作成ステップアップ術」をさせて頂きました。

実行委員の活動期間が Kansai と Tokyo で少し重なっていたのでちょっと大変でしたが、Tokyo では Facebook グループをメインに使用して、コミュニケーションツールはそれぞれの班で決めるなど、進め方が Kansai とはまた違っていて参考になりました。

班長といった大役ははじめてでしたが、班のみんなやメンターの皆さん、実行委員長・副委員長の高橋文樹さん高野直子さん、同じ2日目開催のハッカソン班 班長の小林よっしーさん、実行委員の皆さんのご協力のおかげで、何とか無事に務めることができました。ありがとうございました。

詳しくはブログ「 WordCamp Tokyo 2016に実行委員として参加しました」「ノンプログラマーのための WordPress テーマ作成ステップアップ術(フォローアップ)」にまとめていますので、よろしかったらご覧ください :)

WordBench 東京 12月勉強会

2016年12月18日に開催された WordBench 東京 12月勉強会「 Xmas&年末 LT 大会 〜ピザとケーキとライトニングトーク〜」ではスタッフと LT「デザイナーとエンジニアの境界線 〜 Are you a Designer or an Engineer? 〜 」をさせて頂きました。

スライドにも書いていますが「デザイナーさんなのに」と言われることがよくあります。
「デザイナーさんなのに WordPress の構築するんですか?」「デザイナーさんなのにユニットテストするんですか?」とか。

デザインから WordPress の構築までされる方からすると、コードも書くのは当たり前のことかと思いますが、もしかしたらデザインされないプログラマーの方からすると「デザイナー=コード書けない人」という固定概念があるのかな?と思いながらなるべく聞き流すようにしています。

お話自体はデザイナー vs エンジニアということではなく「コードを書かないデザイナーさんも WordPress の仕組みを理解していたほうがいいよー」というお話です。
詳しくはブログ「デザイナーとエンジニアの境界線 – コードを書かないデザイナーさんも WordPress の仕組みを知ってデザインしよう -」をご覧ください。

WordBench 東京のモデレーターになりました

WordBench 東京 12月勉強会で、これまで WordBench 東京のモデレーターを3年間務めた森山さん清野さんからバトンタッチして、正式にモデレーターを引き継ぎさせて頂きました。

私はこういった勉強会の運営に本格的に関わったことがなかったので、当日は会場の準備など手間取ることが多かったのですが、お手伝い募集に手をあげてくださったり、当日も早く来て手伝ってくださった方が大勢いらして大変助かりました。ありがとうございました。

「 Xmas&年末 LT 大会」ということで用意したわぷーケーキがとても可愛くて、撮影大会になっていました。
ケーキは可愛いだけじゃなく、もちろんとても美味しかったです!

ちなみにわぷーは2011年2月19日に行われた「 WordCamp Fukuoka 2011」で初公開されて誕生しました U・ω・U ワプー

2016年のまとめ

こうして振り返ってみると、2〜3ヶ月おきに LT やセッションなど登壇させて頂いていてびっくりしました。

セッションでは WordPress のテーマの作り方などをお話させて頂いてますが、LT の場合はちょっとしたネタ的なことをお話するようにしていて、セッションとはまた違ったアプローチが出来て良いですね。

初めての LT「デザイナーとプログラマーの72時間戦争」は全然時間内に終わらず上手に出来ませんでしたが、LT が終わったときに不思議と「次に機会があったらもっと上手にやってやる!!!」と思ったのが今に繋がっているのかなと思います。

オープンソース的なことは自分のテーマ「 Chocolat 」やプラグイン「
MS Custom Login
」のメンテナンスしかしていませんが、こちらはマイペースでやっていこうと思います。

と思ったら、キタジマさんの habakiri にプルリクを送っていたのがいつの間にかマージされてました。キタジマさんありがとうございました :)

habakiri-pull-request

2017年のこと

WordCamp Tokyo 2017

WordBench 東京10月 勉強会で公式発表がありましたが、WordCamp Tokyo 2017 の実行委員長をさせて頂くことになりました。
実行委員の募集など本格始動はこれからですが、募集開始にむけて少しずつ動きはじめていますので、WordCamp Tokyo 2017 をよろしくお願い致します。

WordBench 東京

上記にも記載しましたが、WordBench 東京のモデレーターをさせて頂くことになりました。

WordBench 東京では毎月勉強会を開催しているので、「こういう勉強会したい」というふわっとした企画はいろいろあるのですが、「こういうのやって欲しい」「こういう話したい」などありましたら WordBench 東京の Facebook グループに書き込みして頂けると嬉しいです。

また、当日のお手伝いや登壇のご依頼などお声がけさせて頂くことがあるかと思いますがよろしくお願い致します。

これからのこと

プロダクトとブランディング

以前から「ブランディングしたほうが良いよ」とアドバイスして頂くことがあったのですが、そろそろこのあたりをきちんと考えていきたいなと思っています。

ブランディングというとなんだか大げさですが「好きな物」や「住んでいる場所」「服装」などもブランディングの一環になるんだよというお話を伺って、なるほどなあと考えさせられることがたくさんありました。
確かにパッと名前が思いうかぶ方はなにかしら特徴があるんですよね。

そういった、人に見つけてもらうための力をもっと身につけていきたいなと思います。

ちなみに好きな食べ物はチョコレート、好きな動物はオカメインコです!

choco

頑張らないブログ

「ブログを頑張る」と書こうかと思ったのですが、頑張らないと出来ないことだときっと続かないと思うので「頑張らなくても出来るブログ」を目指して、アウトプットと情報発信をしていけたらなと思っています。

アウトプット

参加した勉強会やイベントの感想や覚え書き、登壇させていただいたセッションや LT のフォローアップやお知らせなどのアウトプットをちゃんと書いていこうと思います。

勉強会に参加した際に、いつも自分用の覚え書きはメモっているのですが、ブログとして公開できるところまで整理できていなかったので、メモする際に整理するよう気をつけて、手間をかけなくても公開できるようにしていきたいです。

情報発信

セッションでお話しているような、初心者向けの正しいテーマの作り方とかをブログに書いたら?とアドバイスを頂くことがたびたびあります。

WordPress のテーマの作り方は、本やブログがたくさん出ているのであまり需要がないのでは?と思っていたのですが、セッションのスライドを見た方から「可愛くてわかりやすい」と褒めていただいたり、たくさんのいいねやダウンロードされているのを見るとまだまだ需要があるのかなという感じです。

セッションではいつも、自分の言葉に置き換えて説明するようにしているので、もしかしたらそういったところも評価して頂いているのかもしれません。

とはいえ、ターゲットによって内容やレベルが全然違うと思うので、このあたりをきちんと考えて情報発信していけたらと思います。
そしていつか、WordPress の本を出版できるようになるといいですね。

まとめ

しいたけ占いによると、私の2017年上半期は「夢の続きができあがっていく」「これまでだったら夢物語だったものを現実のものにしていく」その追求をさらに強めていく期間だそうです。

しいたけ占いに書いてあることがとても当たっていて笑ってしまったのですが、私がやりたいと思っていた「夢」がどんどん「現実」になっていくのだとしたら今からとても楽しみですし、そうできるように頑張っていこうと思います。

長くなってしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

トラックバック用URL

http://mignonstyle.com/from-2016-to-2017/trackback/

Top